【スマホアプリ】docomoユーザーじゃないけどdヘルスケアを入れてみた

スマホ

運動不足解消のためにスマホアプリ・dヘルスケアを使用しています。docomoユーザーでなくても無料で簡単に使える歩数計アプリなのでご紹介します。

コロナ禍での運動不足解消に

1月8日に一都三県の緊急事態宣言がなされました。5月の宣言解除から約半年ぶりの事態です。やっぱり不要不急の外出を控えるようにとなると外出機会も減ってしまいますよね。前回の緊急事態宣言による在宅ワークの際に意識して歩くようにと導入したスマホアプリがなかなか便利なのでご紹介します。

docomoユーザーでなくても使えるdヘルスケア

いくつか試してみた歩数計アプリのなかで、ズボラな私でもなんとか続いているのがこちらの『dヘルスケア』です。docomoユーザーでなくても無料で使うことができます。

スマホアプリをインストール

アカウント登録をしなくても歩数計は使うことが出来るのですが、せっかくなのでdポイントにも登録してポイントも貯めることにします。スマホでの登録は5分ほどで完了します。

アプリを起動するとdポイントのアカウントの登録を促されますので作成したアカウントを登録します。

健康や日常生活の悩み項目を設定

その後はアプリを使うための設定を進めていきます。お悩み設定で健康や日常生活の悩みを選択します。「肩こり・腰痛」「ダイエット、メタボ」「運動不足」を選択しました。

ミッションのタブには選択しているお悩みに応じた日替わりのミッションが表示されます。

今日の歩数目標と体重を記録するのが毎日ミッションにあるのと健康に関するコラムが時々表示されます。

ミッションをクリアするとdポイントの抽選が出来るようになります。抽選で0〜5ポイントくらいのdポイントが当たります。

無料アプリなのにdポイントが貯まる

獲得したdポイントは加盟店で1ポイント1円として使用出来ます。

無料のアプリでポイントがゲットできるのは嬉しいですよね。

気軽に使える歩数計アプリ

こちらのアプリはうっかり忘れていてもその日の分の歩数が記録されているので気軽に使用出来る点も気に入っています。60代の親のスマホにも入れてみたところ、後からその日の歩いた歩数を確認出来るので楽しく使えているようです。最初の設定だけしてしまえばあとの操作が簡単な点も良いみたいです。

まとめ

外出自粛により日々運動不足を感じている中で便利でお徳なサービスはぜひ利用したいですね。

スマホ 便利サービス
シェアする
りーめい

30代から一人海外旅行に目覚めた、都内在住ITエンジニアです。
旅ではここに来るのは一生に一度きりかも、と常に思いながら散財するので、日常生活では日々節約に励んでいます。ひとつの旅でひとつの特別な経験をモットーに旅を楽しんでいます。

QOL向上のための雑記帳
タイトルとURLをコピーしました