NTTドコモの新プラン『ahamo』ってどうなの?

スマホ

2021年3月26日から受付開始となるNTT docomoのオンライン限定の新料金プラン「ahamo(アハモ)」について調べてみました。

月額料金は2,970円と他社と横並び

月額2,970円(税込)でデータ使用量20GBは他社のプランと横並びです。この辺りはどのキャリアも揃えてきたなという印象ですが、ahamoでは基本プランに5分無料通話が含まれています。この点はauの「povo(ポヴォ)」などでは追加オプションとしているのに比べて大変なメリットだと感じます。

お店やクリニックの予約など、通話を使う機会はまだまだあるのでその都度20円/30秒といった通話料金を支払いたくはないですよね。私もかけ放題とはいかなくでも通話プランはいつも付けるようにしています。その点、最初からプランに入っているのは良いですね。

欲を云うと1回あたり10分の無料通話か月合計60分までが無料なのが理想的ですが、5分の無料通話でもあるのとないのとではかなり違ってくると思います。なお5分超過後は22円/30秒の通話料金がかかるので通話時は注意が必要です。

5G端末が選べる

「ahamo」では推奨機種に5G端末が含まれています。まだまたこれからではありますが、普段の生活圏が5G対応エリアであれば大きなメリットと云えます。

公式サイトによると現状では5G対応している端末は2機種のみ。今後ラインナップが増えてくることを期待したいですね。

海外ローミングサービスが15日まで無料

「ahamo」について調べていて気になったのは海外ローミングサービスが含まれている点です。こちらは15日を超えない範囲で、国内の利用分と合わせて20GBまでが追加料金なしで使えるとのことです。対応エリアは82の国・地域となっており、NTTドコモの各プランが対応している「WORLD WING」の200以上の国・地域よりも少ないものの、アジアの近隣諸国や北米、西ヨーロッパなど、日本からの渡航が多い国や地域はおおむね含まれているのでなかなか便利そうです。

他社のサービスでは特に言及されていないahamoの特長だと云えると思います。海外渡航先で気軽にスマホが使えるのは嬉しい。海外旅行好きとしては大いに魅力を感じる点で海外渡航が出来るようになったら乗り換えを考えてしまうかもしれません。

他社の新料金サービスと比較

その他キャリアの新料金サービスとも比較してみます。

*NTTドコモ「ahamo(アハモ)」
 月額 2,970円(税込)
 通信量 20GB/月
 ※基本プランに5分無料通話込み


*au「povo(ポヴォ)」
 月額 2,728円(税込)
 通信量 20GB/月
 ※オプションで通話プラン追加可能
  5分無料通話:月額550円(税込)
  通話無制限:月額1,650円(税込)


*ソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」
 月額 2,728円(税込)
 通信量 20GB/月
 ※オプションで通話プラン追加可能
  5分無料通話:月額550円(税込)
  通話無制限:月額1,650円(税込)

月額料金、通信量が各社横並びな中でやはりahamoの5分無料通話が基本プランに含まれている点で一歩リードしています。

一方で、通話無制限のオプションをつけるならpovoやLINEMOも良い選択肢だと思います。

まとめ

このところ各社の新プランのCMを見ない日はないくらいですね。新規申込みへのポイント付与キャンペーンなどもあるのが気になるところです。

横並びに見える新プランですが、無料通話や海外ローミングなどNTTドコモらしい差別化もあり、実際のサービスが始まったらまた情報収集したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました